借りたい映画、懐かしいドラマ、マニアックなアニメ、ネットで検索して宅配レンタル
欲しいDVDをネット通販でGET

2009年02月28日

機動戦士ガンダム・ガルマ、散る 



シャアは相変わらず腹の中でガルマに辛辣だ、死んでほしいと思っているのだから当然だが。ブライトの作戦は成功するか?先読みのシャア黙って見逃すとは思えないが。親子が見た戦争の現実悲しいがこういうものなのだ。マゼランアッタックが弱過ぎるのが気になってしょうがない、ゲームでは前半はこれほど使える機体はないのに。弱過ぎて話にならないのだからガルマの焦りは痛いほど分かる。ガンダムが題名どうり本当に飛んだ、後にマチルダが語ったようにこの戦いがアムロの目覚めの始まりだったのかもしれない。だがアムロは疲れきっている肉体的ではなく精神的に。有名すぎるシ−ン「親父にもぶたれたことないのに」、ブライトの捨て台詞のシャアという言葉に反応するアムロ、宿命のライバルになると気づいているわけではあるまいが。マチルダはみんなの憧れでもあったが俺の理想の女性でもあった、誰が声を担当してるか分かるまで10年以上かかったが彼女も女優として尊敬できる人だ。当時はアルバイト気分だったかもしれないが。ついにやってきたシャアの企みの成就。ガルマに語った最後の言葉がシャアの素顔を初めて明かす、悲しい男だが惹かれてしまうのは何故だろう。ガルマはシャアの言う通りおぼっちゃんだがジオン軍人として立派に死んでいく。悲しみを背負った女性の悲劇、愛ゆえに勝てるはずのない戦いをして散っていく。ドズルの言葉は胸に響くがガルマの死は戦争のために利用される運命にある。シャアは最後まで彼らしかった、左遷されるとは思ってはいなかったのだから。ここまでで一区切りだろう、彼らがニュータイプ部隊と呼ばれる日は近い、もう見逃せないだろ。


★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

イベントチケットなら@電子チケットぴあ

初代・ガンダム

機動戦士ガンダム 1 (1979〜1980年 / 日本 )



ロボットアニメの最高峰「機動戦士ガンダム」ファーストシリーズの第1巻。宇宙暦0079年、少年・アムロはふとしたことからガンダムのコックピットに乗り込むことになる。第1話「ガンダム大地に立つ!!」から第3話「敵の補給艦を叩け!」までを収録。


何も言わずに撃つんだよ。
「ロケットパンチ」「サンダーブレーク」「超電磁スピン」
その他諸々、それまでのロボット物(に限らず)には必ず必殺技があって、繰り出すときには掛け声があったんだよ。
それがこの作品では無言。強いて言えば「当たれ!」「このこのこの!」
もっと言えば、ミサイルや機銃、ビーム兵器は際限なく撃てたのが、ガンダムでは弾切れになるんだよ。
驚いた。リアル世代には本当に衝撃だった。
後のロボットアニメの基礎になったと言っても過言ではない本作品、そんな視点から見てみても面白いかも。



ロボットアニメの最高峰「機動戦士ガンダム」ファーストシリーズの第2巻。ルナツーに入港したホワイトベース。しかし、シャアはルナツーに潜入し攻撃を始める。第4話「ルナツー脱出作戦」から第7話「コアファイター脱出せよ」までを収録。


ルナ2まで来たはいいが現実は非情だった。唯一宇宙に残ったルナ2で安穏と戦ってきたワッケインをはじめとする正規兵にはシャアの狡猾さにはかなわない。後に成長した彼らを目の当たりにするとも知らずに戦略を云々言わせなかった馬鹿どもはあっさり罠にかかる。艦長は死んだ機密を知ってしまっただけで素人にジャブローまで行かせる無能達。そんな彼らをほっとくはずがないシャア、大気圏突入時という一度もおこなったことのない戦闘シャアらしい選択じゃないか。大気圏突入まで出来るガンダムの性能に改めて驚嘆するしかないシャアだが目的はしっかり果たす。一手先を読むのが彼のやり方なのだ、かっこいいじゃないか。ガルマの本拠地におびき出されたホワイトベースはガルマのすさまじい攻撃にあうが何とか切り抜ける事に成功する。マゼラントップってゲームで使うと結構使えるのがウソみたいにやられていく。無傷で手に入れたいガルマは後に自ら出撃するほどの執念には感嘆するがホワイトベースと連邦のモビルスーツの性能に驚くことしかできない。腹に黒いものを抱えてるくせにガルマに協力しホワイトベースの作戦を見事に邪魔する事に成功するシャア、シャアのザクにはまだ通用しないアムロとガンダム焦りだけが積もっていくアムロの精神を傷つけてるとも知らずに。カイの皮肉な性格は最後まで変わらないが俺は好きなのよね現実的で。セイラが無茶を冷静に伝えるのは毎回笑えちゃうんだけど変?主題歌の中で出てくる青色のノーマルスーツのアムロここだけでしか見れないある意味貴重な絵だ。シャアの黒い企みが現実になる事態が待っている最初の区切りだと思う、見逃すな。
インターネットでDVD&CDレンタル/『TSUTAYA DISCAS』★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

B'z/BURN−フメツノフェイス− ストア名:新星堂

B'z/BURN−フメツノフェイス−


デビュー20周年のメモリアル・イヤーとなる2008年の第1弾は、KOSE『エスプリーク プレシャス』のCMソングを収録したシングル。パワフルでアグレッシヴなサウンドが展開されています!!内面の葛藤を表現した「yokohama」と、徐々に広がりを見せるサウンドが印象的な「希望の歌」をC/Wした強力盤! (C)RS しなやかさを秘めたアグレッシヴなヴォーカル、キャッチーかつエキサイティングなギターサウンド。B’z、2008年第1弾シングル!! 軽快でキャッチーなギターリフに導かれ展開していくアッパーなロック・チューン「BURN−フメツノフェイス−」。しなやかさの中に凛とした強さを感じさせるヴォーカルと詞、一度耳にしたらリフレイン必至のメロディーと奔放かつCOOLに躍動するギターが形成する今作は、まさにタイトルどおり、耳に「焼き付いて」離れないこと、間違いなし!B’zの全国ライブツアー<B’z LIVE−GYM 2008“ACTION”>のサポート・メンバー、Shane Gaalaas(Dr.)、Barry Sparks(Ba.)がレコーディングに参加し、生き生きとしたライブ感に満ちたサウン...

B'z/B'z The Best“ULTRA Pleasure”


2008年が結成20周年のメモリアル・イヤーとなるB`z。「愛のバクダン」「永遠の翼」といった大ヒット・ナンバーから、「BAD COMMUNICATION」「Pleasure」の新録ヴァージョンまでを網羅した2枚組アルバムが登場です!!日本の音楽シーンを牽引するB`zによる、超ウルトラ級のベスト盤! (C)RS 結成20周年Year!B’z、ウルトラベスト盤発売決定!! ヒットシングルを網羅、新録バージョン「BAD COMMUNICATION −ULTRA Pleasure Style−」と「Pleasure 2008 〜人生の快楽〜」も収録した全30曲を収録! 《B’zの駆け抜けた20年を聴き逃すな!》祝20周年!文句なし、正真正銘のウルトラベスト。新録2曲と貴重なDVD収録映像も見逃せば絶対後悔!”ULTRA”のつくそのすごさは聴いてもらえばわかります。9月にはお宝ベストB’z The Best”ULTRA Treasure”を発売。収録曲は皆さんのリクエストで決定します。B’zの歴史的一枚を私たちの手でつくり上げましょう。
posted by 幸村 at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

A COMPLETE〜ALL SINGLES〜 Part.1 (Disc.1&Disc.2) (2008年 ) J-POP:J-POP 浜崎あゆみ

A COMPLETE〜ALL SINGLES〜 Part.1 浜崎あゆみ



浜崎あゆみデビュー10周年記念、コンプリートSINGLEベスト・アルバム!デビューSINGLE「poker face」から「Mirrorcle World」まで、J-POPの歴史を彩り、時代を越えて愛され続けているヒットSINGLE全43作からA面曲全てをリマスタリングし、完全収録したまさに究極のベスト盤!

浜崎あゆみ/A COMPLETE 〜ALL SINGLES〜


商品紹介文:浜崎あゆみのデビュー10周年を記念したコンプリート・ベストが登場!「poker face」から「Mirrorcle World」までのシングル表題曲が、リマスタリング音源で堪能できる豪華盤です!!本作はファン・クラブ限定公演を含む、未発売のライヴ映像を多数収録したDVD付きの3CD+DVD仕様。 (C)RS 浜崎あゆみデビュー10周年を記念して、超豪華SINGLEベスト盤発売! 1998年4月8日発売のデビューシングル「poker face」から2008年4月8日発売の最新シングル「Mirrorcle World」まで、J−POPの歴史を彩り、時代を越えて愛され続けているシングル全43作からA面曲全てをリマスタリングし、完全収録したまさに究極のベスト盤!さらにボーナス・トラックとして「Who...」を新たにレコーディングし直した“10th Anniversary version”を収録! DVDには、かねてより映像化が熱望されていた貴重なライブ映像ばかりを全25曲収録!2003年にファンクラブ会員限定で開催された伝説のライヴハウス・ツアー“Limited TA Live Tour”のZ...


浜崎あゆみ/Mirrorcle World


浜崎あゆみ/ayumi hamasaki ASIA TOUR 2007 A〜Tour of Secret〜“LIVE+DOCUMENTARY”

商品紹介文:浜崎あゆみ、初のアジア・ツアーを待望のDVD化!! 2007年3月から6月にかけて、日本各地(埼玉・横浜・名古屋・大阪・福岡)、台北、香港、上海とで、のべ18万人を動員し、日本で行われているショーそのものをアジア各都市で再現するために、600トンのステージをそのまま持ち込むという、前代未聞の規模で行われたアジア・ツアー。本作はライブの本編&アンコール(計約120分)を完全収録!さらに、リハーサル開始から最終日に至る150日以上に密着したドキュメンタリーを加えた、約3時間半に及ぶロードムービー的超大作!! アユミハマサキアジアツアー2007エーツアーオブシークレットライブプラスドキュメンタリー : JAN CD 4988064915361 : CD 品番 AVBD-91536/7 音楽(邦楽)...

話題のDVD新作予約が最大25%OFF!



posted by 幸村 at 23:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

三大怪獣 地球最大の決戦 (1964年 / 日本 )

三大怪獣 地球最大の決戦 (1964年 / 日本 )



三大怪獣が一致団結して地球を守る「ゴジラ」シリーズ第5作。最強の敵・キングギドラが現れ、縦横無尽に暴れ回る。最大の危機に際し、阿蘇山の火口からラドンが甦り、ゴジラ&モスラと共に宿敵・キングギドラへ立ち向かう。

ゴジラシリーズで最初の宇宙怪獣の出現ですね。宇宙怪獣と言う響きが、当時小学生だった私の心に重く響きました。なにか不気味な、話しが全く通じない相手と言う感じで、恐ろしい響きでした。登場シーンは当時の特撮では最高の出来ではないでしょうか?炎がだんだんキングギドラに変わっていく流れはすばらしいです!確か当時、クレージーキャッツの「花のお江戸の無責任」との併映だったと記憶してます。電車の中刷りで見たのをはっきり覚えており、無責任・・変な題名!と小学生の私は思いました。親の都合で連れて行ってもらえなくて、この映画は劇場で見れなかったのを覚えております。かなり後にテレビで見ました。キングギドラの迫力に参りました!




★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』
【楽天ブックス】話題の映画を本で読む!!

華麗なる一族・チョ〜どろどろ

華麗なる一族 Vol.1 (2007年 / 日本 )

直木賞作家・山崎豊子の小説を、木村拓哉主演で映像化したTVドラマシリーズ第1巻。阪神特殊製鋼専務・万俵鉄平は、高炉建設を実現すべく日夜奮闘していた。第1話と第2話を収録。TV未放映シーンを加えて再編集したディレクターズ・エディション版。


セットの豪華さでスケール感が出た。役者もそれぞれの人物像を色濃く出して演じている。
しかし、目玉である主役の木村拓哉が序盤は動きや表情に小芝居が出て、とくに北大路欣也との場面ではかえって演技の軽さが目立った。中盤からは、彼も周囲の役者の正面から堂々と向かってくる演技に気づいたのか、落ち着いた演技になって、だんだん作品の歯車に噛み合い見せ場も盛り上がってきた。それでも父親と闘っている中盤は北大路はじめ多くの役者の中で主役の割には存在感が小さく、木村拓哉の持ち味は父親との戦いに負け感傷的な場面となる終盤で最も光った。つまり作品のスケールから離れて孤独になったとき、彼の存在感が生きてきたのは、大作の主役としては何とも皮肉だ。
彼の現代ファッション感性を代表する素養は「ヒーロー」など現代テレビドラマでは生きるが、「武士の一分」でもそうだったが、違う世界を作るだけのものがない。もっとも、木村以外の若手役者も、ベテラン陣が気を吐く程に存在感が薄くなる。かつては映画のような大作の経験があるベテランと違い、若手は大作に出る経験が少ないだけに仕方ないかもしれないが、それだけ大作というものが出来にくい環境になることも感じる。
作品としては、「肖像画」や「鯉」のお粗末な小道具、ラストで北大路が遺体安置室に来たら全員引き揚げる不自然な場面、ベテランと若手俳優との格の違いなど気になるところはあったが、原作の骨太のストーリーを引き出せたことで力ある作品になった。


インターネットでDVD&CDレンタル/『TSUTAYA DISCAS』

posted by 幸村 at 22:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 永遠の名作 心に残る映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

R40本命アイドル (2009年 ) J-POP:J-POP

R40本命アイドル (2009年 ) J-POP:J-POP



1 風立ちぬ 3分37秒
2 夢見るSeason 3分48秒
3 Rosa 5分12秒
4 さよならのめまい 4分53秒
5 ロマンティック神楽坂 4分
6 ハートは戻らない (Get out of my life) 3分43秒
7 夏にあわてないで 3分45秒
8 夢みてTRY 3分50秒
9 風の谷のナウシカ 4分6秒
10 夢の中へ 3分33秒
11 プラスティック・ラヴ 5分
12 the Cross -愛の十字架- 5分
13 もしも空を飛べたら 3分58秒
14 チェック・ポイント 3分58秒
15 待ちぼうけ 3分22秒
16 ハートのピアス 3分32秒
17 けんかをやめて 4分30秒
18 少女人形 3分16秒


松田聖子、小泉今日子など数々のトップ・アイドルを輩出した、80年代黄金期の名曲を集めた企画アルバム。竹内まりや、秋元康、玉置浩二ら一流の作家陣による“こだわりのアイドル・ソング”が楽しめる。



【楽天ブックス】話題の映画を本で読む!!









楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!







posted by 幸村 at 23:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アラフォー世代の懐かしい音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ミステリ映画の金字塔!ナイル殺人事件

ナイル殺人事件 (1978年 / アメリカ/イギリス )



「オリエント急行殺人事件」に続きオールスター・キャストで映画化されたアガサ・クリスティのミステリ。原作は『ナイルに死す』。美貌と聡明さを兼ね備えた上、つい最近莫大な遺産を相続したリネット・リッジウェイは、親友ジャクリーンの婚約者と突然婚約をし、人目を避けてエジプトへハネムーンに旅立った。しかし豪華客船カルナーク号には、彼女に何らかの利害関係や遺恨、ないし敵意を抱いている者たちが勢揃いしていた……。

このところ、クリスティの映画化作品をあれこれ見ていたのだが、その中で一番楽しめたのが本作であった。ミステリ映画として、非常に完成度の高い作品だと思う。他にも、もちろん「オリエント急行殺人事件」なども素晴らしい作品だとは思うが、犯人というかオチがあまりにも有名すぎて、謎解きの楽しみが味わえなかった。

 その点本作の原作『ナイルに死す』は、それほどメジャーな作品ではないので、犯人捜しが楽しめる。そして、それが楽しめるほど、きちんと手がかりが示され、伏線が張られている。そのへんのところが、ここまで丁寧に作られているミステリ映画は、あまり多くないだろうと思う。実際、探偵のポワロによる、容疑者たちの取り調べの模様は、とても事細かに描かれる。そこまですると、映画としては単調で退屈になったりしがちだが、そういうこともない。おそらく一つには、俳優陣が豪華だということがあるのだろう。ジェーン・バーキンとか、オリビア・ハッセーあたりが、脇役で登場するのだから、退屈している暇などないはずだ。

 しかも舞台がエジプトということで、その風景の美しさも楽しむことができる。この点も、本作が成功した理由の一つだろう。というか、むしろそれこそが、この原作が映画化された最大の理由なのだろう。本作の後に作られた「地中海殺人事件」(原作『白昼の悪魔』)も、美しい風景をバックにした作品だったが、本作よりはやや落ちると思う。

 この作品が作られて以降も、ミステリの傑作はたくさん世に出されているのに、そうした作品を原作として映画化した、すぐれたミステリ映画というのは、あまり多くないように思う。そう考えると、この時代にこれだけお金をかけて、豪華な俳優陣を起用し、しかも内容的にも優れたミステリ映画が作られていたことは、すごいことだったのだなと改めて思った次第である。


刑事コロンボ 完全版 Vol.15 歌声の消えた海/ビデオテープの証言

刑事コロンボ 完全版 Vol.15 歌声の消えた海/ビデオテープの証言



メキシコ旅行を当てた妻とコロンボは揃って豪華客船の旅を楽しんでいた。妻と逸れたコロンボは共に乗りこんでいた中古車業のダンジガーと意気投合する。だがその夜、彼は死体となって発見された(「歌声の消えた海」)。「ビデオテープの証言」も収録。


歌声の消えた海」Troubled Waters

珍しく、コロンボが冒頭から登場。私の記憶では初めてのケースだが、其れに加えて舞台が船の上、と言うある種の密室で展開するのも面白い。今回はコロンボが私用で船に乗ってるので、全ての捜査を一人で切り盛りする様子も堪能出来る。

コロンボは非常に知識が豊富で瞬時に取り出せる能力に長けてる。「羽毛」を病室で使わない事は、医療に従事してる者なら常識でも、それを手掛かりに犯人を追い詰める辺りは、並の刑事では無い。
鋭い観察眼と、それを駆使できる頭脳が見事にシンクロし、狡猾な犯人のミス・リードを看破する作劇は、映像化されたTVドラマならではの醍醐味。
果たして同乗してる「カミさん」は見つかるか・・・(笑)。

イベントチケットなら@電子チケットぴあ


「ビデオテープの証言」Playback

ミステリーで、トリックにハイ・テクを用いる作品は多い。しかしメカ要素を取り込めば、取り込むほど、意外と物語は面白くなくなるから不思議だ。それはドラマとは人間模様を描くから面白いので有って、機械にはロマンは感じないから。
本作は徹底したハイ・テク武装(当時比)で、それに頼りすぎた脚本が逆に物語を凡骨にしてる。

今回はコロンボがトリックのヒントを得たシーンが特徴的だ。決して「偶然」が「必然」に為らないのが、コロンボのスタイル。単に手掛かりが「勘」に頼らない地道な捜査と実験が犯人を追い詰める。今回はプロットにハイ・テクを使うが、それを意に介さず行動するコロンボの現実主義が秀逸

DVDレンタル会員登録 刑事コロンボ

刑事コロンボ 完全版 Vol.13 権力の墓穴/自縛の紐 (1973〜1978年 / アメリカ



ヒュー・コードウェルは妻殺しを打ち明けるために、隣人のロス市警次長・マークに電話を入れた。詳しく話を聞いた末に、マークは彼に自首を思いとどまらせ、別事件の強盗犯の仕業に見せようと計画する(以上「権力の墓穴」)。他に「自縛の紐」も収録。


「権力の墓穴」
“交換殺人”と言うよりも、互いにアリバイ作りに協力したわけだから“交換偽装”と言う感じだ。このシュチュエーションなら、妻を殺してしまった男が狡猾な男に利用されて行く心理を描いた方が、いい作品になりそうだ。(ヒッチコックだね)
この作品では、時間的なアリバイ作りのために着せ替えが行われる。しかし、あまりに計画が杜撰でいただけない。ま、降ってわいたようなチャンスに実行を決意したのだから仕方のないところか。

2009年02月21日

日本特撮の傑作ウルトラセブン

DVDウルトラセブン Vol.1 (1967年 / 日本 )



宇宙の侵略から地球を守る、円谷プロの人気特撮ヒーロー「ウルトラセブン」がDVDレンタルで登場。第1巻は、執に人間が消失する怪事件が発生する第1話「姿なき挑戦者」から、新造原子力船・マックス号が消息を絶つ第4話「マックス号応答せよ」を収録。

今見るとこのセブンかなり独特な感じがします、怪獣ヒーロー物というよりSFミステリーっぽい雰囲気で、登場人物もヒーロー物だとおおげさな言動とわかりやすいキャラ設定になりがちですが、かなり等身大の人間に描かれており大人が見ても楽しめる作品でした。

ベン・ハー 特別版 (1959年 / アメリカ )

ベン・ハー 特別版 (1959年 / アメリカ )



ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を6年半の製作期間と54億円の巨費で描いた一大スペクタクル。些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。束の間の安住の後再び故郷へ戻った彼は、別れた家族が獄中死したと聞かされ戦車競技に出場する事を決意する。そこではメッサラとの宿命の対決が待っていた。


4月5日に84歳で亡くなったチャールトン・ヘストン。
本国アメリカでは彼の死を大変大きく取り上げていました。
この作品は彼を一躍有名にしアカデミー作品賞をはじめ主演男優賞までもたらした彼の熱演が見ものです。
キリスト誕生から話が始まりユダヤの王、ベン・ハーが旧友のローマ人メッサラの裏切りで一家は離散し奴隷にまで身を落とし彼に復讐を誓います。上手い具合にキリストの生涯も時折入れてわかりやすい物語となっています。
見所はなんといってもあの有名なメッサラとの大戦車競争で、
CGなどまったく無い時代にあれだけの迫力のあるシーンを作り上げた監督とスタッフたちの努力もメイキング映像で語られています。個人的に好きなシーンは奴隷の娘エスターが結婚すると聞いて、少し残念そうに彼女との別れを惜しみ突然彼女にキスをするシーンがとってもロマンチックです。エスターへの愛を励みに過酷な人生を生き抜くベン・ハー。ユダヤの民の誇りを守るためローマ帝国に屈しないベン・ハーを初めて観たときは大変感動したのを今でも鮮明に覚えています。
ヘストンはいつも何かと戦っているんですよね。どちらかというと演技も繊細さはなく「大ざっぱ」で演技派とも言いがたいのですが、アメリカの強い象徴とも言うべき代表的な俳優でしょう。そんな大ざっぱな不器用さが彼の魅力なのです。
晩年はカメオ出演が多かったのですが、その中でもA・シュワルッツェネッガーの「トゥルー・ライズ」の上官役でアイパッチをつけて登場した彼が最高にカッコよかったのを覚えています。
ご冥福をお祈りします。



★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

話題のDVD新作予約が最大25%OFF!
posted by 幸村 at 01:06| 🌁| Comment(0) | 大迫力歴史スペクタル映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007年 / アメリカ )

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007年 / アメリカ )



ジョニー・デップ主演によるアクションアドベンチャーの完結編。次々と海賊たちを葬り去り、世界制覇を目論む東インド貿易会社のベケット卿に立ち向かうため、海図を手に入れたブラックパール号の乗組員たちは“ワールド・エンド”を目指す。


タイトルのとおりですね。シリーズで一番面白かったのは1作目だったと思います。。;

全体的に続きモノなので、2作目の続き・・・という設定で物語が開始されていますが、3作目で主人公である盗賊のイメージにズレを感じました^^;

話的にも、まとまっているようでまとまっていないような感じです。多少無理して2作目3作目通してのストーリーに蹴りをつけたという感じも否めません。

2作目の続きとして観た方にとっては、多少空振りな作品だったと思います。

初めてパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズをご覧になる方は、ぜひ1作目からご覧くださいv たぶんいきなり3作目を見ても意味不明だと思われます。。;

全体的に辛い評価となりましたが、参考になれば幸いに思いますv

インターネットでDVD&CDレンタル/『TSUTAYA DISCAS』








イベントチケットなら@電子チケットぴあ



posted by 幸村 at 23:20| 🌁| Comment(0) | ハラハラドキドキする映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

侍ジャイアンツ Vol.1 (1973年 / 日本 )

侍ジャイアンツ Vol.1 (1973年 / 日本 )



同じ梶原一騎の原作でも、巨人の星ではなく本作のファンである
兎に角番場蛮がかっこよく、当時野球をやっていた自分にはヒーローそのものだった
破天荒で自信家、強いものに程喧嘩を売りたがる、だがおちゃめでやさしいそんな子供にも分かり易い設定
野球アニメでありながらやたら血の描写が多く、ボロボロに成りながらも打ち取っていく様は、ある種ロボットものや超人もの並のスケールを感じる。

第一巻なので詳しくは書かないが、物語が進むに連れて面白くなんっていくので、ラストまで観てもらいたい、感動します。
そうそう、分身魔球の件ですが、ゴムボールを握り潰すのがやっとでした(笑)








CamCan・Vivi・JJの読者モデルも愛用。即効ダイエットの骨盤ウォーカーベルト

2009年02月17日

刑事コロンボ 完全版 Vol.2 構想の死角/指輪の爪あと (1973〜1978年 / アメリカ )

刑事コロンボ 完全版 Vol.2 構想の死角/指輪の爪あと (1973〜1978年 / アメリカ )

A.I.』のスティーブン・スピルバーグ監督が、無名時代にメガホンを取った「構想の死角」と、新聞社会長に妻の浮気調査を依頼された探偵が、彼女の浮気の証拠を掴むものの、依頼主に報告せず彼女を恐喝する「指輪の爪あと」の2話を収録。

「構想の死角」Murder by the Book

2つのパイロット版を経て、本作がシリーズ化の第1作目。
ここから1971年に始まる記念すべき、刑事コロンボ・1stシーズンが開幕。本作で際立つのは何と言っても監督がSteven Spielbergで有る事。この作品の高評価が後の「激突!」へと繋がる事は、作品レビューをご覧頂ければと思います。

Spielbergの才能が確認できるシーンとして、冒頭の大きなガラス窓のオフィスのシーン。どう撮影したのか初見の頃は考えたものだ。
カメラがロー・アングルを多用するのも、後の監督の作品でよく使われる手法で、台詞も映画的な要素を取り入れてる。

前2作と較べて、トリックが際立って優れてる訳でも無い。それでも「シリーズ最高傑作」の呼び声が高いのは、プロットが面白いのと作劇が実にリアリティに溢れてる点だ。
様々な伏線が冒頭から巧みに演出される点も秀逸だが、コロンボの捜査は「足」で稼いだ賜物と言う点も見逃せない。
フェリス未亡人との会話の中で、コロンボは重要なヒントを得る・・・この演出は一見地味に思えるが、其処に実際の捜査手法と言える現実味を感じるから、逆に面白い。

2つの犯行の対比が、被害者と犯人の個性との対比と見事にシンクロ。完全犯罪とは如何に難しいか・・・見る側も大いに思いを廻らせる傑作だ。


「指輪の爪あと」Death Lends a Hand

前回「構想の死角」の犯人役、Jack Cassidyはシリーズの犯人像で有る、エスタブリッシュ(特権階級)の雰囲気を上手く演じ、後の犯人像に大いに貢献した。今回の犯人役、Robert Culp同様に後の作品でも犯人役などで登場するシリーズの名優。
本作でコロンボの定義が確立。余談だが英語音声ではコロンボは警部で無く警部補だ。

今回は物的証拠を挙げる事が乏しい為に、コロンボは狙いを定めた容疑者に「罠」を仕掛ける。コロンボの場合、捜査方法はルーティーンに忠実だが、犯人を追い詰める手法は実にトリッキーな事が多い。本作は犯人自ら状況証拠を作って「貰う」事を主眼に捜査を始める、これはもの凄い高等戦術だ。


posted by 幸村 at 23:00| 🌁| Comment(0) | 推理・サスペンス 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

刑事コロンボ記念すべき1作

■「刑事コロンボ」完全版 Vol.1 (1973〜1978年 / アメリカ )



日本でのTV放映時にカットされたシーンを追加した、『刑事コロンボ』の完全版2話分を1パッケージで発売。犯罪を犯した精神科医にコロンボが罠を仕掛ける「殺人処方箋」と、自作自演の誘拐殺人劇を演じる女弁護士との対決を描く「死者の身代金」を収録。

「殺人処方箋」Prescription Murder

記念碑的作品のシリーズ、第1話。
正確にはパイロット版(単作)で放映も1967年と古いし、原案は舞台劇。ミステリーで御馴染みの「倒叙物」、犯人が予め分かるスタイルが斬新過ぎたか、放映時の評価は芳しくなかった。

「007」同様に、本シリーズも最初からオリジナルが確立されてる。刑事ドラマで必須と思われる銃撃シーンは無いし、視聴率が欲しいが為に挿入される「エロい」シーンも無い。純粋にコロンボと犯人との心理戦一本に焦点を絞った作劇は、後世まで保たれる。
犯人をエスタブリッシュ(特権階級)な設定にし、殺人課と言う非日常の出来事を追うコロンボとの対比も鮮やかで、刑事モノとしては異例の単独捜査を行う点も際立つ。

特長的なのは、決してコロンボは天才で無い、と言う事。今回の犯人は全く隙が無く、この点だけなら完全犯罪は目前だ。しかしコロンボは弱点を的確に捉える・・・そう共犯者の存在だ。
コロンボは犯人と同じ手法で勝負に出る、それは犯人が幾ら頭が良くても殺人は素人だ。百戦錬磨の殺人課を相手に、その僅かな綻びを見逃さない現場主義のコロンボを、本作は第一作目から見事に描いてる。
彼が名探偵と違うのは、その閃きが決して「勘」に基づくのでは無く、地道な捜査の過程で得られる点だ。






posted by 幸村 at 22:52| 🌁| Comment(0) | 推理・サスペンス 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

2体怪獣競演 キングコング対ゴジラ

キングコング対ゴジラ (1962年 / 日本 )



ゴジラ作品を第1作目から見ていると分かりますが、初期のゴジラ作品は、ゴジラが悪役として描かれているのと、人間(自衛隊)の無力さ、というのが腱として貫かれていると感じられます。
この作品もゴジラが悪役として描かれています。
キングコング作品を見ている人も見ていない人も楽しめる作品だと思います。




必ず当たる!懸賞サイト!


CamCan・Vivi・JJの読者モデルも愛用。即効ダイエットの骨盤ウォーカーベルト




■十戒 (1957年 / アメリカ )

">■十戒 (1957年 / アメリカ )



デミルが23年の自作をリメイクした超大作。旧約聖書を基に、モーゼがイスラエルの民を率いて聖地を築くまでを特撮を駆使して描いた、「ベン・ハー」と双璧を成すスペクタクル史劇の傑作

モーセが普通の人じゃないか、と思ったけれどスペクタクルなのでこれで正解なんですね。神がかった人では別の映画になってしまうから、この程度でいいんですね。その他総スター出演のハリウッド映画らしいですが、まだ正直産まれていないので実感が湧きません。

映画はその時代では凄かったらしいです。私は特に感動できませんでした。海が割れることを事前に知らなかったら別の想いが沸いたかも。

聖書の世界から離れて、漫画チックでハリウッド満開の物語となってしまいました。出エジプト記。白人に貢物をする黒人というのが時代を表しています。
十戒なんて、当たり前のことを書いてあるように思われていますが、ここから全ての宗教が産まれました。要するに、ユダヤ教も、イスラム教も、キリスト教も、根っこは同じなんですよ。
それを白人の為の白人による十戒になってしまっています。ここが一番気に障る。




インターネットでDVD&CDレンタル/『TSUTAYA DISCAS』
posted by 幸村 at 21:10| 🌁| Comment(0) | 大迫力歴史スペクタル映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴジラ・ラドンに続く3作目の怪獣 モスラ

モスラ (1961年 / 日本 )



南洋のインファント島に座礁した第二玄洋丸の乗員は、無人と思われたその島に、原住民が生存していることを伝えた。インファント島で核実験を行なったロリシカ国は、実態を調べるため、島に調査隊を派遣する。調査隊の一行は、そこで巨大な卵と卵に仕える妖精のような小さな女性“小美人”を発見する。隊長のネルソンは小美人を連れ帰り、見せ物にして売り出すことを画策するが……。



これまでの「ゴジラ」「ラドン」などの怪獣映画では、怪獣=人類の敵という扱われ方をしていたが、この「モスラ」は違う。南の島、インファント島で平和に暮らす人々の守り神という存在であり、その島の平和を壊した文明人に対して怒りを現したのである。

この映画を見ていると怪獣よりも人間の醜い心の方が悪という感じがする。おそらく製作陣の意図もそうなのだと思う。あの「ゴジラ」にしても、元をただせば水爆という悪魔の兵器を人間が作り出したことにより生まれたのであり、本当の悪とは人間の醜い心なのである。

この作品は、本当の悪とは人間の醜い心、愚かな心なのだということをより鮮明に描いている。

東宝映画のDVDの楽しみの一つはオーディオコメンタリーでその関係者の思い出話が聞けることである。今回は俳優の小泉博さんであった。いろいろと興味深い話をされていたが、この映画の撮影中、ザ・ピーナッツと一度も顔を合わせなかったと言う話が印象的であった。当時、超売れっ子のザ・ピーナッツはこの映画では「小美人」という設定で主に特撮部分の撮影だったため、本編での撮影が主だった小泉さんとは顔を合わせる機会がなかったのだろう。

完成された映画では、ちゃんと会話をしているように映っているが、それは編集、合成によるもので実際は身長30センチの小美人の人形に向かって演技をしていたそうである。


★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』インターネットでDVD&CDレンタル/『TSUTAYA DISCAS』



posted by 幸村 at 12:28| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

特撮史上初のカラー映画 空の大怪獣 ラドン (1956年 / 日本 )

空の大怪獣 ラドン (1956年 / 日本 )



九州の阿蘇山にある炭坑で、坑道に巣くう巨大なヤゴ・メガヌロンの幼虫による犠牲者が発生した。事件を調査する河村は、その怪物をもしのぐ、巨大な怪鳥の姿を目撃する。その怪鳥・ラドンこそ、各地で相次ぐ災害の元凶だったのだ。その音速を超える飛翔速度はソニックブームを起こし、街はまたたくまに壊滅していく。そして、自衛隊の圧倒的な火力によってラドンを追いつめたかに思われたとき、もう一体のラドンが現れたのだった……。

本田,円谷コンビによる初のカラー作品。力が入ってます。まだ,怪獣映画が恐怖映画だった頃の作品ですから,前半は,夜のシーンが多く,暗い坑道の中で奇怪な殺人が起きたり,気味の悪いメガヌロンが徘徊したりと不気味な雰囲気。ただ,中盤以降,ラドンが登場してからは,カラー作品を意識してでしょう,昼間のシーンで最後までつっきります。明るい空を飛び回るラドンのスピード感は爽快ですし,福岡を破壊するラドンも格好いい。1匹目のラドンが福岡市内で自衛隊の攻撃を受け危機一髪(そう,東宝怪獣には珍しく,ラドンは人間の攻撃でダメージをうけます。)のところを2匹目のラドンが颯爽と現れ救い出すシーンも印象的。そして,最後,阿蘇山の爆発にまきこまれた片方のラドンを,もう一匹のラドンが必死になり助けようとして,最後,両方とも火に飲まれるシーンは非常にファンタスティックです。傑作だと思います。


★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』

インターネットでDVD&CDレンタル/『TSUTAYA DISCAS』



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。