借りたい映画、懐かしいドラマ、マニアックなアニメ、ネットで検索して宅配レンタル
欲しいDVDをネット通販でGET

2009年08月18日

「大魔神」という映画のことは昔から聞いていたが、どんな作品なのか全く見当がつかなかった





2009年08月15日

3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー大作。





3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー大作。F・スコット・フィッツジェラルドが1920年代に著わした短編を基に、80歳の老体で生まれ、歳を取るごとに若返っていく男の波瀾に富んだ人生の旅路を、激動の現代史を背景に綴る。1918年、ニューオーリンズ。80歳の老人の姿で産まれた男の子の赤ん坊。老人養護施設に捨てられた彼を施設の女性クイニーが拾い上げ、ベンジャミンと名付けて育てる。やがて彼は、成長するにつれ髪が増え、皺が減り、車椅子から立って歩けるようになるなど、普通の人間とは逆に若返っていくのだった。そしてある日、デイジーという少女と運命の出会いを果たすが…。


★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCAS』


posted by 幸村 at 21:07| 🌁| Comment(0) | 永遠の名作 心に残る映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和の娯楽対作モスラ



モスラ (1961年 / 日本 ) exclamation×2



これまでの「ゴジラ」「ラドン」などの怪獣映画では、怪獣=人類の敵という扱われ方をしていたが、この「モスラ」は違う。南の島、インファント島で平和に暮らす人々の守り神という存在であり、その島の平和を壊した文明人に対して怒りを現したのである。


2009年08月13日

決戦関ヶ原・テレビで歴史を学ぶ



NHK大河ドラマ 葵 徳川三代 完全版 Disc.1 (2000年 / 日本 )

日本初の特撮カラー 空の大怪獣 ラドン (1956年 / 日本 )





本田,円谷コンビによる初のカラー作品。力が入ってます。まだ,怪獣映画が恐怖映画だった頃の作品ですから,前半は,夜のシーンが多く,暗い坑道の中で奇怪な殺人が起きたり,気味の悪いメガヌロンが徘徊したりと不気味な雰囲気。ただ,中盤以降,ラドンが登場してからは,カラー作品を意識してでしょう,昼間のシーンで最後までつっきります。明るい空を飛び回るラドンのスピード感は爽快ですし,福岡を破壊するラドンも格好いい。1匹目のラドンが福岡市内で自衛隊の攻撃を受け危機一髪(そう,東宝怪獣には珍しく,ラドンは人間の攻撃でダメージをうけます。)のところを2匹目のラドンが颯爽と現れ救い出すシーンも印象的。そして,最後,阿蘇山の爆発にまきこまれた片方のラドンを,もう一匹のラドンが必死になり助けようとして,最後,両方とも火に飲まれるシーンは非常にファンタスティックです。傑作だと思います。

ラベル:特撮 映画

昭和の特撮の原点ゴジラ






日本が生んだ怪獣のヒーロー「ゴジラ」ですが,VHS,LD,DVDとリーリースされ続けているのは,この記念すべき第一作だけです。
戦後60年が過ぎても世界のどこかで戦争が起こっている現状を見るとき,「ゴジラ」再リリースの意味を真剣に考える時かもしれません。娯楽映画ではなく,反戦映画としてご覧ください。

観たいDVD&CDをPCから予約⇒自宅に送料無料でお届け!


シャーとアムロ最後の戦い・ア・バオア・クー





復活のシャー





潜入したミハルは見つかってしまうのだが相手はカイだった。ミハルにとってはラッキーだったがカイはかくまうリスクを負う事に。民間機に偽装して着艦したブーンにミハルは情報を流してしまう気づいたカイだが逃げられた後だった。本当のことを告げられないもどかしさ見てられない。ブーンはモビルアーマーを使ってホワイトベースに攻撃をかける。ガンダムは水中用ではないのにグラブロと戦う事に。ミハルは子供達を見て自分の間違いに気づきカイと一緒に戦いに出る。悲劇が待ってるとも知らずに。ガンダムは苦戦するが肉を切らせて骨を断った。直接ミサイルを打ちに行ったミハルは爆風で大西洋に消えた。この悲劇がカイを別人に変えていく軟弱ものとは呼べないカイに。ジャブローに無事着いたホワイトベースだったが待ち受けていたのはシャア率いるモビルスーツ部隊だった。基地の中でマチルダの婚約者と会うアムロ謝ることしかできないアムロにうぬぼれるんじゃないとたしなめられてしまう。シャアの働きでジャブローに直接攻撃をかけるジオン軍、シャア達も中へ侵入する。新しいジムを一撃で倒す赤いモビルスーツ一瞬でシャアだと気づくアムロ。このシーンは好きなシーンの一つで記憶に刻まれている。シャアにプレッシャーをかけられるほどに成長したアムロに驚嘆するシャア。この時悲劇はまた繰り返される。シャアが帰ってきたのだ面白い展開になるに違いない。ジャブローで保護されること嫌がり逃げるカツ・レツ・キッカは逃げ込んだ先で爆弾を仕掛けるジオン兵を目撃してしまう。再び部隊を率いてシャアが戻っていたのだ。三人の活躍で爆弾の処理には成功するが、三人の捜索中に二度目の再会を果たすセイラとシャア「軍から身を引いてくれ」言って消える兄の言葉は届かないで終わってしまうのだが。潜入したモビルスーツを撃破するため出撃するアムロだがシャアを取り逃がしてしまう。カツ・レツ・キッカはホワイトベースに戻れることに、この三人は最後に重要な役目が待っている。おとり部隊になったホワイトベースを執拗に追っかけてくるシャアのザンジバル。スレッガーロウの登場だ連邦で唯一かっこいいと思った男だ、死にざまは戦士そのものだった。ビグロの登場だ、この機体は手ごわ過ぎるゲームでもやっかいな相手だ。苦労の末ビグロを倒すことに成功するアムロ、スレッガーの進言を受け入れかいとうして特攻をかけるザンジバルを迎え撃つ。スレッガーは仕事をしっかりこなしてくれる。セイラもどんどん成長している、だが兄の事が戦闘中でも頭から離れない。決着はついた次の戦いが待っている。

2009年08月12日

迫撃トリプル・ドム





救出に来てくれたマチルダに浮かれるアムロ、思い出の写真も手に入れ最高の気分だが、そこには黒い三連星と呼ばれる新しい英雄達が迫っていた。新型のドムにはガンダム以外はまるで通用しない、ついにセイラがGアーマーに乗って戦闘に参加することになる。ミライもこのときすでにニュータイプの兆候があったなんて。敵もバカじゃない苦戦するアムロ達を見て必殺のジェットストリームアタックを使ってくるその最中にニュータイプへの目覚めを実感するアムロだったが助けにきたマチルダの乗ったミデアはドムにやられてしまう。敵を退けることには成功するが誰が死んだか気づいいなかったアムロには驚き以上の衝撃に包まれていたアムロの心の叫びはマチルダの名前を呼び続けるのだった。彼女がガンダムを守るために死ぬことは必然だったのかもしれない。オデッサ作戦は始まったホワイトベースも間に合ったがそこに待っていたのは壮絶な戦いだけではなかった。裏切り者の発覚・残された黒い三連星との戦い・水素爆弾攻撃の粉砕だった。マチルダへの思いを秘めたまま戦いに赴くアムロ、マチルダが死んだことが裏切り者せいだといきどうりを隠せないが敵は待ってくれない黒い三連星の攻撃に苦戦するホワイトベースだったがガンダムがなんとか間に合ったニュータイプに目覚めていた彼にはもう相手ではなかった。核の粉砕にも成功しオデッサは落ちた。マクベには逃げられたが、後に再会が待っている。ベルファスト基地で一時の安らぎを得ようとしていた彼らに待っていたのはシャア率いるマッドアングラー隊だった、シャアが帰ってきたのだ。レビル将軍との謁見は気持ち良い話は一つもないものだった。そして待っていたのは新型のゴックの攻撃だった。ゴックの予想以上の強さは本当にビックリさせられる、レビルは言う時代が変わったと。ビームライフルを使えないガンダムは予想以上の苦戦を強いられるが新しい戦い方を考え付くアムロそして待っていたのは初めての水中戦だった。シャアとアムロの因縁は復活する。軍人を嫌うカイは基地を去る。受け入れた女性を怪しいと感じながらも知らないふりをしながら情報を渡すカイ、彼女はジオンのスパイなのだが。ホワイトベースの危機を知って居てもたってもいられなくなって戻ることを決断するカイ、新型に苦戦していたアムロ達の前にさっそうと登場する。何とか敵を退けたが混乱に乗じて女スパイは潜入に成功していた。後にカイが変わるきっかけになる悲劇が待っているとも知らずに


激闘、渋いジオン軍・大尉ラン・バ・ラル







砂漠地帯で再びランバラルと相まみえることに、塩のために取ったコースは戦いを早める結果になってしまう。セイラはシャアとでも思ったのだろうか、一人ガンダムに乗って飛び出してしまう。上手く動かすことなどできずグフにあと一歩と言うところまで追い詰められてしまう。結果的にはアムロの活躍で敵を退けるが捕虜と一緒にセイラは独房入り、懲りずに捕虜からシャアの情報を聞き出す、彼女は気づいてしまったのだ。捕虜は逃げたがあっけなく死亡、勝手な行動をとるアムロをガンダムから下ろす事を考えるブライトそれを偶然聞いてしまったアムロの取った行動はガンダムを奪って逃げることだった。意味のない戦闘をして悦に入っていたが逃げた先で偶然ランバラル隊と出会ってしまうアムロ、そんなときフラウが捕まってしまうランバラルの対応は大人の物だったが作戦だった。フラウがつけられホワイトベースが危ない事に気づいたアムロ、向かった先にはグフに乗ったランバラルが待っていた壮絶な格闘戦辛くも勝ったアムロだが捨て台詞を吐かれ逃げられてしまう。戻ったアムロは当然独房送り彼の自分が一番うまく操縦できるという叫びは空しく響く。ランバラルはモビルスーツがないが一番得意のゲリラ戦で白兵戦を挑んでくる。すっかり混乱したホワイトベース内でドラマが起こるセイラとランバラルが出会ってしまうのだアルテイシアだと気づいたラルはセイラの気迫に一瞬戦闘を止めてしまう。負傷したラルは「戦いの中で戦いを忘れた」と名言を残し最後は戦争に負けることがどういうことなのか若者たちに見せつけて死んでいく。男の生きざまを見せてくれたランバラルという一人の英雄がまた消えていった、俺の中では悲しみよりもあまりのかっこよさに圧倒されただけだった。


2009年08月11日

あまりにも有名なシャーの裏切り・ガルマ散る






ガルマに語った最後の言葉がシャアの素顔を初めて明かす、悲しい男だが惹かれてしまうのは何故だろう。ガルマはシャアの言う通りおぼっちゃんだがジオン軍人として立派に死んでいく。悲しみを背負った女性の悲劇、愛ゆえに勝てるはずのない戦いをして散っていく。ドズルの言葉は胸に響くがガルマの死は戦争のために利用される運命にある。シャアは最後まで彼らしかった、左遷されるとは思ってはいなかったのだから。ここまでで一区切りだろう、彼らがニュータイプ部隊と呼ばれる日は近い、もう見逃せないだろ。

機動戦士ガンダム 赤い彗星・シャー・アズナブル







ガンダム生誕30周年





ロボットアニメの最高峰「機動戦士ガンダム」ファーストシリーズの第1巻。宇宙暦0079年、少年・アムロはふとしたことからガンダムのコックピットに乗り込むことになる。第1話「ガンダム大地に立つ!!」から第3話「敵の補給艦を叩け!」までを収録。





2009年08月10日

1号・2号そしてV3・X・アマゾン・ストロンガー



どこかの取材で宮内さんがしゃべってましたがとにかく爆破の時の火薬の量がハンパじゃありません映画版の方を先に見たんですけど橋の下に怪人が落ちて行き水柱が上がる所など子供向け番組とは思えないほどの本気モードです!今見てもサイコーの作品です



仮面ライダー1号・2号登場・伝説のWライダー



今なお人気の高い「仮面ライダー」シリーズの原点である、石森章太郎原作の特撮ヒーローアクション。世界征服を企む悪の組織・ショッカーに立ち向かう仮面ライダーの活躍を描く。第8話「怪異!蜂女」から第13話「トカゲロンと怪人大軍団」までを収録。



あしたのジョー・対力石戦壮絶な結末



あしたのジョー DVD 10 (1970〜1971年 / 日本 )



今だけ!オンラインDVD&CDレンタルを無料でお試し!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。