借りたい映画、懐かしいドラマ、マニアックなアニメ、ネットで検索して宅配レンタル
欲しいDVDをネット通販でGET

2009年04月15日

古畑任三郎2ndシーズン。 1話目でいきなり今泉が真犯人によって 殺人犯にしたてあげられるという衝撃の展開も印象深かったですが、



古畑任三郎 2nd season 1 (1996年 / 日本 )

第1話:「しゃべりすぎた男」(明石家さんま)、第2話:「笑わない女」(沢口靖子)、第3話:「ゲームの達人」(草刈正雄)

特にお勧めなのは第1話『しゃべりすぎた男』の明石家さんまでしょう。シリーズ屈指の大物犯人と言って良いと思います。
 
 自分の罪を他人に被せて、更に立場(弁護士)を利用してその事を真実であるかのごとく弁護するなどコロンボシリーズクラスの犯人です。

 そして、何より凄いのは(さんまさん)の演技?でしょう。古畑を相手に一歩も引いていません。

 そう言うわけでシリーズ屈指のお勧めです。

 第2話:『笑わない女』(沢口靖子)は別の意味でお勧めです。

 沢口さんは虫がつかないと言うイメージで防虫剤のCMに使われるくらいの女優らしいですが、ここでは凛とした高潔な女性の役を演じています。

 正に適材適所と言うべきでしょう。彼女の演技が光る巻です。

第3話:『ゲームの達人』(草刈正雄)

これはシリーズ中で特にお勧めする部分はありません。ただ、既に死んでいたはずの密室中の被害者をどのように殺害したのかを古畑がどのように推理するかがポイントですのでその意味では面白いかと思います。

【関連する記事】
posted by 幸村 at 18:16| 🌁| Comment(0) | 推理・サスペンス 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。