借りたい映画、懐かしいドラマ、マニアックなアニメ、ネットで検索して宅配レンタル
欲しいDVDをネット通販でGET

2009年04月20日

南北朝動乱 後醍醐天皇に立ち向かう決意を固めた尊氏は、志を共にした新田義貞、楠木正成と敵対することになる。



NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 太平記 総集編 3 (1991年 / 日本 )

尊氏は征夷大将軍となり室町幕府が誕生した。尊氏は幕府の安定した運営を目指していくが、南朝残党など敵も多く戦が続いていく。そして外部の敵だけではなく、尊氏家臣の高師直(柄本明)兄弟と実弟直義との権力闘争が勃発し苦悩していく。また、藤夜叉と尊氏の子、直冬(ただふゆ)も尊氏に反発し九州より兵を挙げることになる。尊氏は息子である義詮(よしあきら)に幕府の跡を継がせたかったのだが直義・直冬がそれに反発し兄弟の溝は深まるばかりだった。結局、尊氏と直義は何度も闘い、直義が尊氏に捕らえられ毒殺されたことにより骨肉の権力闘争に決着がつく。直冬との争いも右馬介の命がけの説得により回避され尊氏は幕府の安定を見ずに54歳でこの世を去る。

【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。