借りたい映画、懐かしいドラマ、マニアックなアニメ、ネットで検索して宅配レンタル
欲しいDVDをネット通販でGET

2009年08月12日

激闘、渋いジオン軍・大尉ラン・バ・ラル







砂漠地帯で再びランバラルと相まみえることに、塩のために取ったコースは戦いを早める結果になってしまう。セイラはシャアとでも思ったのだろうか、一人ガンダムに乗って飛び出してしまう。上手く動かすことなどできずグフにあと一歩と言うところまで追い詰められてしまう。結果的にはアムロの活躍で敵を退けるが捕虜と一緒にセイラは独房入り、懲りずに捕虜からシャアの情報を聞き出す、彼女は気づいてしまったのだ。捕虜は逃げたがあっけなく死亡、勝手な行動をとるアムロをガンダムから下ろす事を考えるブライトそれを偶然聞いてしまったアムロの取った行動はガンダムを奪って逃げることだった。意味のない戦闘をして悦に入っていたが逃げた先で偶然ランバラル隊と出会ってしまうアムロ、そんなときフラウが捕まってしまうランバラルの対応は大人の物だったが作戦だった。フラウがつけられホワイトベースが危ない事に気づいたアムロ、向かった先にはグフに乗ったランバラルが待っていた壮絶な格闘戦辛くも勝ったアムロだが捨て台詞を吐かれ逃げられてしまう。戻ったアムロは当然独房送り彼の自分が一番うまく操縦できるという叫びは空しく響く。ランバラルはモビルスーツがないが一番得意のゲリラ戦で白兵戦を挑んでくる。すっかり混乱したホワイトベース内でドラマが起こるセイラとランバラルが出会ってしまうのだアルテイシアだと気づいたラルはセイラの気迫に一瞬戦闘を止めてしまう。負傷したラルは「戦いの中で戦いを忘れた」と名言を残し最後は戦争に負けることがどういうことなのか若者たちに見せつけて死んでいく。男の生きざまを見せてくれたランバラルという一人の英雄がまた消えていった、俺の中では悲しみよりもあまりのかっこよさに圧倒されただけだった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。